大黒屋〔江戸木箸〕四方面削り箸

四方面削り箸

ホーム   »   これが江戸木箸です 1   »   四方面削り箸

四方面 鉄木 (大・23.5㎝)(中・21.5㎝)  

¥1,600(税抜)

四方面とは、四角形の四隅を面取りをして仕上げたお箸です。

面取りをすることにより安定感がまし、収まりの良い形です。
また、四方面鉄木の仕上げは摺り漆のみなので、「木」本来の素朴な良さが味わえるお箸になっています。


「鉄木」

東南アジア原産で、水に強く加工性や仕上がりがとても良い木材です。
また、仕上げをした鉄木に拭き漆を施すと、飴色になり落ち着いた色に仕上がります。
江戸木箸では色々な箸に使われている主力材の一つです。

四方面上塗り 鉄木 (大・23.5㎝)黒 (中・21.5㎝)赤  

¥2,000(税抜)

四方面とは、四角形の四隅を面取りをして仕上げたお箸です。

面取りをすることにより安定感がまし、収まりの良い形です。
また、四方面鉄木の仕上げは摺り漆のみなので、「木」本来の素朴な良さが味わえるお箸になっています。

お箸の上部を黒(大)・赤(中)で塗り、下部を摺り漆で仕上げました。
お椀などの漆器では昔から朱・黒の組み合わせは使われており、日本人には馴染みやすい色の組み合わせになります。


「鉄木」

東南アジア原産で、水に強く加工性や仕上がりがとても良い木材です。
また、仕上げをした鉄木に拭き漆を施すと、飴色になり落ち着いた色に仕上がります。
江戸木箸では色々な箸に使われている主力材の一つです。

カラー四方面 鉄木 (大・23.5㎝)緑 (中・21.5㎝)赤  

¥2,300(税抜)

四方面とは、四角形の四隅を面取りをして仕上げたお箸です。

面取りをすることにより安定感がまし、収まりの良い形です。
また、四方面鉄木の仕上げは摺り漆のみなので、「木」本来の素朴な良さが味わえるお箸になっています。

お箸の上部の四隅と頭を色漆を付けたローラーでなぞり色を付けたお箸です。
一面一面を丁寧に色付けする作業は手間も大変かかりますが、色のラインが四方面の形をより一層際立ています。


「鉄木」

東南アジア原産で、水に強く加工性や仕上がりがとても良い木材です。
また、仕上げをした鉄木に拭き漆を施すと、飴色になり落ち着いた色に仕上がります。
江戸木箸では色々な箸に使われている主力材の一つです。

四方面宮島 縞黒檀 (大・23.5㎝)(中・21.5㎝)  

¥3,800(税抜)

四方面とは、四角形の四隅を面取りをして仕上げたお箸です。

面取りをすることにより安定感がまし、収まりの良い形です。
また、四方面鉄木の仕上げは摺り漆のみなので、「木」本来の素朴な良さが味わえるお箸になっています。

商品名でもある宮島は、厳島(通称・宮島)の厳島神社をイメージをして製作をしました。
使用木材に縞黒檀を使い、上品で高級感のあるお箸です。


「縞黒檀」

主産地は、インドネシアでカキノキ科の材です。
縞黒檀は、非常に重硬な材で磨くと木肌が滑らかな仕上がりになります。
大黒屋では、硬さ、重さ、粘り、仕上がりの良さとお箸の材としては非常に優れているので、主力材として取り扱っています。
その他の用途は、高級家具・仏壇・床柱などにも使われ高級材の一つです。

ページの先頭へ